霊園 HOME >> お墓のお引っ越し

お墓の引っ越し

お墓の引っ越し(改葬)について

お墓も家と同じように引っ越すことができます。

すでに埋葬してある遺骨を別のお墓に移動したり、お墓そのものを別の場所に移転するといったお墓の引っ越しのことを「改葬(かいそう)といいます。もともと田舎の墓地にお墓があり、お参りに行くのに遠くて大変だとか、交通の便が無い、などお墓の場所を変えたい場合に改葬します。改葬するには、書類を集めたり申請したりといろいろな手続きが必要になります。詳しくは下記に掲載しています。

また、人葬許可証や埋葬許可証なしでのご遺骨の移動は、法律で禁止されています。

お墓について、こんなお悩みはございませんか?

  • もっとお参りしたいけど、遠いからなかなかお参りに行けない…
  • 交通の便が無いので、行くのが大変…
  • 都会暮らしが長く、将来も田舎には帰らないのでお墓をどうしたら…
  • 自分の親だから遠くても墓参りに行くが、土地になじみの薄い息子たちは行くのだろうか…
  • 田舎の墓は親戚が見てくれているが、心苦しくて、どうすればいいのか…
  • 歳をとってくると泊りがけで帰省するのも一苦労。経済的にも大変だし…
  • 郷里の菩提寺で住職が肩代わりして、縁も薄くなってきたし…

などのお悩みをお持ちの方は、お墓の引っ越し(改葬)を考えてみてはいかがでしょうか?

お墓の引っ越し(改葬)の種類

一言に「改葬」といっても、以下のように何種類かの方法があります。

石碑も納骨もしているお墓もすべて移動

現在建てている石碑も納骨しているすべて、新しい場所へ移動させます。現在の場所は更地に戻します。

石碑を建て替えてお骨を新しい墓地に移動

新しい場所に石碑を立て直し、お骨を移動させます。現在の石碑は撤去し、場所も更地に戻します。

複数ある骨壺の一部を移動

納骨しているお骨(骨壺)の一部を、新しい場所へ移動させます。石碑も新しいものを用意します。現在の墓所はそのまま残します。

骨壺の中のお骨の一部を移動(分骨)

納骨している骨壺の中の御骨の一部を、新しい場所へ移動(分骨)させます。石碑も新しいものを用意します。現在の場所はそのまま残します。

お墓の引っ越し(改葬)に必要な費用と書類

項目 名称 施行・仕様内容 費用
費用 新墓地購入費用 購入後 移転先墓地管理者
既存墓地の整備費用
(墓石の撤去・整地)
移転後 移転元墓地管理者
改葬許可証発行申請費用 移転前 各自治体
必要書類 埋葬証明書
(納骨証明書)
移転前 移転元墓地管理者
受入証明書
(永代使用許可証)
移転前 移転先墓地管理者
火葬許可証
(埋葬許可証)
移転前 自治体から発行する※
改葬許可証 移転前 申請用紙は各自治体から

※紛失時の再発行については、親族を含む当時埋葬に立ち会った人数を集め、
「現墓所に埋葬したことを証明」及び、立会人の印鑑が必要。(詳しいことは各役所にお尋ねください)

お墓の引っ越し(改葬)の流れ

【1】新しい墓地(移転先墓地)を相談
まずは、お気軽に竜の子霊園にお電話下さい。(0120-000-000)移転先墓地の希望条件や、予算などを相談。特に石碑の移動をお考えの方は、墓地の運営方針などにより、他所からの石碑の移設を受け入れない墓地もありますので必ずご相談下さい。
【2】新しい墓地(移転先墓地)を見学
お客様と相談した上で、ピックアップしたオススメ霊園を数箇所、現地見学。 実際に移転した石碑や区画などを見学し移転先墓地の候補を決めます。
【3】新しい墓地(移転先墓地)を決定・購入
申込み条件なども確認した上で移転先墓地の最終決定をします。墓地代(永代使用料)と管理料を納め、「受入証明書(永代使用許可書)」の発行をします。
【4】日程の確定
完成予定日などを決めて工事契約をします。移転元墓地の工事開始前に行う、改葬の為の供養や抜魂式の日程を決め手配をします。移転元墓地の管理者にも日程を連絡します。
【5】「改葬許可証」の交付
移転元墓地のある市区町村役場から「改葬許可申請書」の用紙をもらいます。(基本的に遺骨1名様につき1枚必要)移転元墓地の管理者に改葬の許諾を得て、必要事項を記入した「改葬許可申請書」に捺印してもらいます。
再び移転元墓地の市区町村役場へ行き、捺印された「改葬許可申請書」と「受入証明書(永代使用許可書)」を提出し、「改葬許可証」の発行をします。
【6】改装の為の供養や抜魂式
先に決めた日程で、改葬の為の供養や抜魂式を行います。
【7】移転先の工事を開始
【8】遺骨を搬送
【9】移転先のお墓の完成
【10】納骨式の日程を決定
法要をお願いする寺院の予約、花・供養などの納骨式の準備をします。(移転先の墓地の管理者に連絡)
【11】納骨式を行い終了