霊園 HOME >> 永代供養について

永代供養について

永代供養とは

「永代供養墓」(えいたいくようばか)とは、お墓の承継者がいなくても永代供養料(※永代使用料とは異なります)を支払うことで、寺院や霊園が永代にわたる供養・管理をしてくれるお墓のことです。
永代供養墓は、生前にお申込みができます。

近年、承継者を必要としない永代供養墓を、生前に購入する夫婦や独身者が増えています。

永代供養墓は、基本的に共同墓・個人墓や合祀墓(合葬墓)が多く、いくつもの骨壷を同じ場所に安置する形式になります。共同墓はロッカー型や棚型が多く、合祀墓(合葬墓)は納骨堂があり仏像やモニュメントを祀り骨壷を納めたりします。永代供養の種類は以下になります。

永代供養の種類

合葬式(がっそうしき) 広い納骨室に、共同で遺骨を安置して使用します。
合祀式(ごうししき) 納骨時から御遺骨を骨壺から出して、1ヶ所にまとめ土に還します。
分骨式(ぶんこつしき) 一部を容器に入れて納め、残りを合祀します。

※永代供養墓はすべての霊園・墓地にあるわけではなく、また、永代供養墓にかかる費用や供養方法なども各霊園・墓地によって異なります。

永代供養墓に関する費用

永代供養墓の費用は、以下のような項目があります。

  • 永代供養料:永代にわたって供養してもらう費用
  • 永代使用料:墓地使用料(一般のお墓と同じです)
  • 永代管理料:永代にわたっての管理費用
  • 納骨料:納骨の手数料
  • 霊碑・刻字料:墓誌に戒名・法名・家紋等などを彫る費用

永代供養墓の費用は、上記の項目の料金を一式で扱うことが多いですが、中には「刻字料は別途費用」などのところもあります。永代供養墓をお考えの場合は、前もって各霊園・墓地で詳細を確認することをおすすめします。